« 2017年7月 | トップページ

2017年8月

2017年8月20日(8月第三聖日)

8月第三週の礼拝をささげました

ルカの福音書13章よりみことばを聴きました。
「番人は答えて言った。『ご主人。どうか、ことし一年そのままにしてやってください。木の回りを掘って、肥やしをやってみますから。』」(ルカ13章8節)

ブドウ園に後から植えられたイチジクの木。実がなることを期待されていたのにならなかった。

実を結ぶことを期待されるクリスチャン。もし実を結ぶことができなかったら……
イエス様はブドウ園の番人のように、私たちを手塩にかけて育ててくださる。そして私たちのためにとりなしてくださる。

(講壇のお花:凛とした組み合わせの花 そこにあるだけで涼やかさを感じさせる)

2017年8月6日(8月第一聖日)

8月第一週の礼拝をささげました
ルカの福音書12章よりみことばを聴きました
「偽善者たち。あなたがたは地や空の現象を見分けることを知りながら、どうして今のこの時代を見分けることができないのですか。」(ルカ12章56節)

天気の急変には目ざとい人々も 自らの罪には無関心

自分は長い間無関心でほったらかしにしていたその罪を 主は最後のわずかな時にも熱心に救おうとされる

主はただ彼をあわれまれるだけでなく ご自分を十字架につけて その罪を身代わりに負ってくださる

2017年7月30日(7月第五聖日)

7月第五週の礼拝をささげました

ルカの福音書12章よりみことばを聴きました

「わたしが来たのは、地に火を投げ込むためです。だから、その火が燃えていたらと、どんなに願っていることでしょう。」(ルカ12章49節)

12章51節ではイエス様は「あなたがたは、地に平和を与えるためにわたしが来たと思っているのですか。そうではありません。あなたがたに言いますが、むしろ分裂です」とも言われています

主を信じるものと 信じないもの 一つの家族にも分裂が生じる 多くのクリスチャンが直面する現実だと思う それでもイエス様を信じることが本当の平和へと導くと信じる


※今日は「子供ケア」担当のため、礼拝メッセージを聴くことがほとんどできなかったのですが、子供たちの成長に励まされこの子供たちが主を信じる時の来ることを、と願わされました

(講壇のお花:ヒペリカムの赤くて 丸くて 愛らしい実)

« 2017年7月 | トップページ

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ