« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月26日(3月第四聖日)

三月第四週の礼拝をささげました

「ふたりは、『主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたもあなたの家族も救われます。』と言った。」(使徒の働き16章31節)

福音を語ったために 投獄という試練にあって 内なる心が強く神へと向かった二人の人物パウロとシラスの信仰から学びました

※本日の礼拝は 一年間奉仕してくださいました神学生の説教でした
礼拝後の食事は 神学生の送別会を併せて行いました 今後の歩みのうえに神様の祝福がありますように



(講壇のお花:大輪のトルコキキョウとカスミソウ)

2017年3月19日(3月第三聖日)

三月第三週の礼拝をささげました

サムエル記第一17~18章よりみことばを聴きました

「ダビデがサウルと語り終えたとき、ヨナタンの心はダビデの心に結びついた。ヨナタンは、自分と同じほどにダビデを愛した。」(サムエル記第一18章1節)

ダビデとヨナタンは 主にある者としての信仰によって結び付けられた
「自分と同ほどに」愛するヨナタンのダビデへの愛 私たちは救いの恵みに入れられた者として互いに愛し合いなさいと命じられている(ヨハネの福音書15:12)

(講壇のお花:ひと際存在感のあるバラ 優しい雰囲気のカスミソウ どちらも好きです)
             

2017年3月12日(3月第二聖日)

 3月第2週の礼拝をささげました

ルカの福音書12章よりみことばを聴きました

1羽では最小貨幣単位の1アサリオンの値もない雀でさえも覚えていて下さり、いつくしんでくださる主

自分で数えることのできない自分の頭の髪の毛の数さえも知っておられる主は 私以上に私のことを知っておられる

私に起こってくることはすべて 主の御手の中にあるなら 主に頼りそのみ旨に歩みたい




(講壇のお花:レースフラワーは近寄ってみると 小さな花の一つ一つが立派な完成品です)

 

2017年3月5日(3月第一聖日)

3月第一週の礼拝をささげました

ルカの福音書12章よりみことばを聴きました

「おおいかぶされているもので、現されないものはなく、隠されているもので、知られずに済むものはありません。」(ルカ12章2節)

私たちは 人の目からはうまく隠したつもりでいても それを「現わされる」方がいる
神の前には すべてのことが明らかになることを知っているのに 隠そうとする愚かさ

 このみ言葉の前に本当に畏れて生きているかと 問われる



(講壇のお花:カーネーション ストック バラ スターチス…)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ