« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月19日(2月第三聖日)

2月第三週の礼拝をささげました

ルカの福音書11章よりみことばを聴きました
「わざわいだ。律法の専門家たち。おまえたちは知識のかぎを持ち去り、自分も入らず、入ろうとする人々をも妨げたのです。」(ルカ11章52節

律法の専門家たちは自分のみならず他の人々をも巻き込み 天国を閉ざす
しかし、イエス様はそんな彼らにも天国への道を示し 入るようにと望まれていた

律法の専門家に対し 「わざわいだ」と主が嘆かれたとき 彼らが人々のつまずきとなったからだけでなく 「入らなかった」ことを悲しみ彼らを痛まれていた



(講壇のお花:デルフィニウムの深い青とカーネーションのピンク 引き立て合って美しい)

2017年2月12日(2月第二聖日)

2月第二週の礼拝をささげました

サムエル記第一17章よりみことばを聴きました

「この全集団も、主が剣や槍を使わずに救うことを知るであろう。この戦いは主の戦いだ。主はおまえたちをわれわれの手に渡される。』」(サムエル記第一17章47節)

生ける神の陣への攻撃があるなら 主が助けてくださると信じていたダビデは、「神の武具」(エペソ6:10~17)を身にまとって戦い ペリシテ最強の大男の戦士ゴリアテに勝利した






(講壇のお花:菜の花 この花の周りには春の風がそよいでいるような雰囲気があります)

2017年2月5日(2月第一聖日)

2月第一週の礼拝をささげました

ルカの福音書11章よりみことばを聴きました

自分たちは神の律法を守っていると自負する律法の専門家たちに対して 「わざわいだ」と主は言われる
主イエスのもたらす真の福音を知ろうとせずかたくなになる心は 自らが救いを必要とする存在であることに気づかない

※いつも講壇のお花を準備してくださる姉妹が風邪でお休みになりました。 改めて姉妹のご労に思い至った次第です。先週準備してくださったお花が変わらず美しく咲いていたので今週もう一度講壇に登場です。

2017年1月29日(1月第五聖日)

1月第五週の礼拝をささげました

エペソ書1章よりみことばを聴きました

「私たちの主イエス・キリストの父なる神がほめたたえられますように。神はキリストにあって、天にあるすべての霊的祝福をもって私たちを祝福してくださいました。」(エペソ1章3節)

今週の礼拝は、奉仕神学生が説教奉仕をしてくださいました。今後の神学校での学びと卒業後の歩みに主の豊かな導きがありますように。



(講壇のお花:彩り豊かなガーベラ レースフラワーとカスミソウの白も楚々として美しい)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ