« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月22日(1月第四聖日)

1月第四週の礼拝をささげました

ルカの福音書11章よりみことばを聴きました

「しかし、イエスは言われた。『おまえたちもわざわいだ。律法の専門家たち。人々には負いきれない荷物を負わせるが、自分は、その荷物に指一本さわろうとはしない。』」(ルカの福音書11章46節)

律法に違反することのないようにと、さらに厳しい規則を作る律法の専門家
良いことをしていても 心を改めて神への赦しを求めているわけではない彼らに必要なのは救い主に向けるべき目 赦されることの必要な罪人であるとの認識


(講壇のお花:春を先取りしたような花々)

2017年1月15日(1月第三聖日)

1月第三週の礼拝をささげました

サムエル記第一17章よりみことばを聴きました

「このしもべは、獅子でも、熊でも打ち殺しました。あの割礼を受けていないペリシテ人も、これらの獣の一匹のようになるでしょう。生ける神の陣をなぶったのですから。」(サムエル記第一17章36節)

ペリシテ人の大男の戦士ゴリアテに向かってダビデは、いつも羊を守るときのように石投げで対戦した。「生ける神の陣をなぶる」ゴリアテに対しては主が勝利してくださるとの信仰によって

相手を見れば絶望しか見えない そんな時「生ける神の陣」への攻撃であるならば主が勝利してくださる 生ける神への信頼が求められている そしてそれは日常の中で養われていく

※新年は穏やかな日々が続きました。この辺りの民家には木々も多く、メジロのきれいな囀りがきかれます。そのかわいらしい姿にも癒されます。

(講壇のお花:白のトルコキキョウとスターチス)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ