« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月20日(11月第三聖日)

11月第三週 収穫感謝礼拝をささげました

ペテロの手紙第一4章よりみことばを聴きました

「それぞれが賜物を受けているのですから、神のさまざまな恵みの良い管理者として、その賜物を用いて、互いに仕え合いなさい。」(ペテロの手紙第一4章10節)

 「神の良き管理者」とはどのようなものかを みことばを通して語っていただきました

主なる神と密接なつながりを持ちながら、神の子羊を飼う管理者であってほしいと
そしてお互いが支え合う 教え合う 語り合う管理者であることが求められている

※次聖日午後はバザーを開催します。 近隣の方が教会に足を向けるきっかけになればと願って始められ、今年で3回目となります。
一人でも多くの方が来て下さることを祈りつつ準備をしています。

2016年11月13日(11月第二聖日)

11月第二週の礼拝をささげました

ルカの福音書11章よりみことばを聴きました

「だれも、あかりをつけてから、それを穴倉や、枡の下に置く者はいません。燭台の上に置きます。入って来る人々に、その光が見えるためです。からだのあかりは、あなたの目です。目が健全なら、あなたの全身も明るいが、しかし、目が悪いと、からだも暗くなります。」(ルカの福音書11章33、34節)

わたしたちの目が何を見ているか、何に向かっているかで、全身が輝くと主は言われる。私たちが主の近くにいることで、主の光を受けて輝くことができる。

※次聖日は 宇田進先生を説教者に迎えて、収穫感謝礼拝をおこないます。

2016年11月6日(11月第一聖日)

11月第一週の礼拝をささげました

ルカの福音書11章よりみことばを聴きました

 神のことばを聞いて悔い改めたニネベの人々、ソロモンの知恵を聞きに来た南の女王、最も神の恵みから遠いと思われていたこれらの人々が さばきの座であなた方を裁くとイエス様は言われた。なぜなら彼らは神のことばを聞き、神に立ち返ったから。

ソロモンやヨナに聞いた人々でさえ救われたのだったら、ましてやいける神のみ子イエスのみことばによってどれほど祝福されるか!

(講壇のお花:黄色のケイトウ ふわふわと優しげな風情) 

2016年10月30日(10月第五聖日)

10月第五週の礼拝をささげました

ルカの福音書11章よりみことばを聴きました

「しかし、イエスは言われた。『いや、幸いなのは、神のことばを聞いてそれを守る人たちです』」(ルカ11章28節)

ここで言われている「守る」とは 遵守すると言うよりも見失わないように保ち続けることだと教えられた

神のことばを聞いてそれを 見失わないように気をつける そしてそこから始まっていく

神のことばと共に歩む日々は幸いである 

(講壇のお花:大輪のガーベラとバラ スターチスの紫)

 

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ